DNAアベリーノ検査について

DNAアベリーノ検査(アベリーノユニバーサルテスト)について

DNAアベリーノ検査


■「アベリーノ検査(アベリーノユニバーサルテスト)」とは?
「角膜変性症」を発見するための検査です。
もし角膜変性症であることが確認された場合には、残念ながらレーシックを受けることはできません。

■「角膜変性症」って何?
角膜変性症は、角膜が白く濁って視力が低下する病気です。
なぜレーシック手術に検査が必要になるか?というと、レーシック後に発症することがある眼の病気だからです。

だいたい870人に1人ぐらいの割合で角膜変性症の人がいると言われています。
角膜異常症の一種ですから、角膜変性症が陽性の人にレーシックを行うと、角膜変性症を発症させたり大幅に悪化させてしまうおそれがあります。

■通常の診察では、発見が難しい病気です
発症していれば、通常の診察で発見できることもありますが、未発症の場合にはそれも難しく、一度発症すると、完全な治療法は今のところ存在しないと言われています。

ただし、未発症の場合でも正確に診断する方法が確立しています。
それが「DNAアベリーノ検査(アベリーノユニバーサルテスト)」です。



DNAアベリーノ検査で確実に診断できます

■DNA検査で遺伝子を発見
実は角膜変性症は、遺伝子によって引き起こされる遺伝子疾患の一種です。
ですからDNA検査を行うことによって、遺伝子の有無を確実に確かめようというわけです。

ちなみに、品川近視クリニック(梅田院など)では、アベリーノ社のDNA検査を実施しています。
経験豊富な医師の診察も行うことで、100%の確率でアベリーノ症を発見しています。

■簡単な検査です
なお、検査自体は、綿棒で口の中の粘膜を採取するだけですので、いたって簡単です。
検査結果が分かるまで最短で4時間。
朝に検査して異常がなければ、夕方には施術が可能です。
手術を受けられる方は無料となっています。





page top