老眼治療 レーザー 手術

老眼治療でのレーザー手術・・具体的にどのような内容でしょうか

老眼治療

 

人の目は毛様体筋という筋肉を収縮させてレンズの働きをする水晶体の厚みを変えることで、見たいものに焦点を合わせる事ができます。

 

しかし、年を取ってくると、毛様体筋が衰えて、水晶体の調整をすることができなくなり、物がぼやけて見えてしまいます。

 

また、筋肉の衰えはそれほどなくても、水晶体の弾力がなくなれば、やはり厚みを変えることが出来なくなります。これが老眼です。

 

 

 

老眼になったら老眼鏡をかけて、ものを見えるようにすることも一般的ですが、レーザー手術をする事もできます。

 

では老眼治療で行われるレーザー治療はどのようになっているのかというと、よく行われるのがモノビジョンレーシックという手術です。

 

まず目の状態がどうなっているのかを、機器を使って解析して、次に点眼麻酔をかけてレーザーで角膜の表面を切りひらきフラップと呼ばれる部分を作ります。

 

フラップは蓋ですから、また閉じなければいけないので一部はつながったままです。
そしてひらいた部分を別の種類のレーザーで削っていきます。

 

削るのは真ん中をほんの少しで、周囲を多く削り、ちょうど中央部に出っ張りを作るような形にします。

 

周囲の削られた部分のカーブがきつくなることで、屈折異常が矯正されて、老眼でも素でものを見ることが出来ます。

 

老眼といっても左右で進行の度合いが異なることがありますが、この場合には削り方を変えることで、屈折率を異なる具合にすることが可能です。

 

 

 

レーザー手術をすることで、どのようなメリットがあるのか・・というと、老眼鏡を付ける必要が無いので、仕事などで老眼鏡の付け外しをすることが難しい人には最適です。

 

老眼治療といっても受けられる人と受けられない人もいるでしょう。

 

手術を受けた方がいいのか・・という点でも、やはり人によって異なります。

 

老眼治療を行っている医療クリニックでよく相談をした上で、手術をした方が良いかを判断しなくてはいけません。

 

なお、老眼治療で人気のメニューがあるのは「品川近視クリニック」などです。